電話占いってどういう占い方法があるの?

電話占いに興味のある方は、どういう占い方法があるかご存知ですか。

いまいちよくわからない方もいらっしゃるでしょう。そこで今回は電話占いの方法についてご紹介します。

電話占いの種類について

電話占いを用いて自分の悩み・未来を占ってもらうと、思ってもどんな方法で占ってもうらか知らないと、思った答えをもらえないかもしれません。

一言で言っても電話占いはさまざまあります。ここでは、ポピュラーなものを紹介します。

霊感占い

一般の人が持っていない特殊能力である霊感を使い占います。

霊感占いは、霊視・零聴と細分化されますが、どんな占いも霊的な存在を感じ取ることで、相談者の悩みを解決します。

このような力を持っている方を霊能者と言います。

占い師と相談者の相性も大変大事ですので、じっくり選びましょう。

霊感タロット占い

よく聞くタロット占いは一般的な占いですが、霊感タロットは霊能力を使ったタロットです。相手が見えない電話占いでも占うことが可能です。

相談者の現状・未来についてカードを用いて予想し、気になる相手の気持ち・仕事に関することなど占います。

基本的に長期的な未来を占うわけではなく、数か月後の未来などを占うのに向いています。

透視占い

透視とは、本来見えるはずのない過去や未来、はるか遠くにあるものなどを見る占術です。

出典:電話占いで体験!見えるはずのないものを見抜く『透視』

相談者の姿・部屋など透視しながら占う占術。現在の相談者を知ることで今後の運勢を占います。

霊能力者の中でも透視能力を持つ人は、優れていると言われているので、的確な答えをもらえると人気です。

チャネリング占い

チャネリング (英: channeling, channelling) とは、高次の霊的存在・神・宇宙人・死者などの超越的・常識を超えた存在、通常の精神(自己)に由来しない源泉との交信法、交信による情報の伝達を意味し、アメリカで1980年代に隆盛したニューエイジ運動の中で使われるようになった名称である[1]。

出典:チャネリング – wikipedia

チャネラーと呼ばれる占い師が、宇宙・神・霊などと交信することで、相談者が知りたいことをアドバイスする占いです。

恋愛・仕事の悩み・未来の出来事と、幅広く対応しています。

占いの種類は自分に合ったものを選ぶ

電話占いで受けれる占術はさまざまありますが、実際にお願いするときは、自分の相談に適したサービスを選ぶ必要があります。

そして、自分と相性のいい占い師を選ぶのもポイントです。電話で話した感じが、イマイチ合わない場合は、他の方を選ぶといいでしょう。

電話占いは、基本的に占い師と相談者の声と声で話すものなので、感覚的に受け付けないと感じたら、無理をして占ってもらうこともありません。

まずは、様子見のためにも人気のある占い師を選んでみましょう。

また、占いでより正確な結果を求めるなら、自分の気持ちは大っぴらに出すことです。

そして、悪い結果であっても、素直に受け入れることが、後々よい未来を選択する上で大切と言えます。

参考:電話占いで鑑定可能な占術(占い方法)まとめ。